会津の旅

南会津からはR400を昭和村に向かって走ります
山間部なので雪も深く切り立った屋根と赤が特徴ですね
大きなお家は軒先が反って独特なフォルムです
奥会津に向かってそんな楽しみが現れてくるのでしょうね

集落によっては
赤い屋根に限らず青い屋根もあります
場所も違うと銀色もあったり
あまり情報を入れてなかったので面食らうことも多々

長野の山間部集落と同じで「消火栓」が二階建てでした
撮るチャンスがなかったので言葉だけ(笑)

田んぼに水貼りが始まっていい感じになっていました。



P5150033.jpg



P5150034.jpg



高山線に新車両が
とニュースで取り上げられていた
JR東海の少し丸みのデザインも先頭車両には残っているようですね
7月から徐々に増えて和歌山も走り始めるとか
そうなると今走っている飛騨号は無くなっていく運命
あの音も徐々に聞こえなくなってしまうのですね
乗れるといいなぁ 撮れるといいなぁ。







スポンサーサイト



バラ

バラ園を通ったら今まさに満開
綺麗なわけは手入れが行き届いているからですね
枯れた花を処理して綺麗に整えていました
私はバラを好んで撮らないのですが
綺麗になった花達を数枚撮ってみましたが
バラは花の王女様ですね
なんとも気品と華やかさがある

なぁんて
柄にもなく感心している私がバラ園にいること自体バランスが崩れてしまう
観覧者の邪魔にならないように早々に立ち去りました。



P5190120.jpg



P5190141.jpg



P5190149.jpg



バラの撮影も含めて
今日はオートで撮っています
メガネにサングラスが付いていて外したり跳ね上げたりが邪魔くさくて
よく考えたらオートでも撮れるのだと
ただし、自分好みに撮れないだけ(笑)
編集の時に変更すればいいことなんですがね

あれ?赤系だけ3枚
白も黄色もあったのに
探してみます。







会津の旅

赤い三角屋根の集落は雪深い奥会津に入ってからでしょうか
走っていると三角トタン屋根が見らるようになってきた
おまけにかやぶき屋根も存在していた
かなり大きな屋敷のようです
道路から離れているので望遠に変えて撮っています
もう少し枚数を撮っても良かったのですが先がまだまだあるので(笑)

一度でも来たことがあるとスケジュールも建てれるのですが
初めてだと気持ちが焦りますね
まっ今回はさらっと見て記憶に閉じ込めるのが目的ないので・・・。



P5150020.jpg



P5150023.jpg



P5150030.jpg



P5150031.jpg



老体に鞭打って
が適したものかどうかはわかりませんが
今回の旅は比較的楽な工程でした
走行距離も870kmぐらいで短く、自然も豊かなコースが良かったですね
ただ予定時刻より早く着いたことで先のスケジュールを前倒ししました
そのことで見られないものも見ることができて良かったと思っています。

ただ一つ残念だったのが、道路工事
会津と新潟を結ぶ国道が大幅な改修工事で信号片側通行
渋滞で気分的に焦ってしまうことが
一番動きたい道だけに残念でした
当分続くのかもしれませんね。










会津の旅

南会津から奥会津
今回は視察もかねての旅でしたが
新緑と赤い屋根は本当に感動しました
じっくりとは撮れなかったので、また改めて出かけるようにしたいと
いいか悪いかはわかりませんが
四季折々の風景を楽しみにしたいと。


新緑が気持ちよかった♪

P5150001.jpg



P5150003.jpg



P5150015.jpg



旅の写真は少しづつアップします
山の中での撮影は虫との戦いから始まります
夏などはアブが襲撃してくるのでおちおちしておれません(笑)
自然と仲良くするのも大変です
さて次の旅はいつになるかなぁ






朝露

朝露に咲く花達はまた美しい
明るく撮ると黄色の花が飛んでしまうので少し輪郭が見えるほどに撮影
霧に包まれたような表現もいいですがそれは他の人にお任せして

朝露が下りる今の時期
太陽が昇り始める時間帯が面白い
レンズは少し離れて撮るので200mm
接写レンズもいいでしょうが私は使いこなせないのです(笑)



P5050020.jpg


旅の準備は終わったので
時間が車でネットを見ていたが、一枚だけアップしておきます
数枚の編集には時間が短すぎて(笑)

では行ってまいります♪